文庫本を想定した表紙イラスト


こんにちは、イラストレーターの夜霧マノです。

ゴールデンウイーク中に描いたイラストを、文庫本の表紙にしてみました。

「表紙だけ描いてみた」いわゆる想定案件の制作ノートです。

ちなみに、表紙のロゴも自分で作りました。


こちらが文庫本風にした表紙です。



元にしたイラストはこちら。



それでは、この表紙デザインの意図について説明してゆきます。



【コンセプト】

わくわくするような、ライトノベルの表紙装丁デザイン

【想定媒体】

ライトノベルレーベルの文庫本

【ターゲット層】

10~20代の女性

【テーマ】

スチームパンク・バディもの冒険恋愛小説の表紙

【想定した小説タイトル】

飛行船でのミッション

【想定したボディーコピー】

優秀なティーンが通うスパイ養成学校に通うキャシーとジャック。喧嘩しながらも仲のいい、凸凹コンビに与えられた初任務は、組織的な悪の秘密結社を国際逮捕するという一大ミッション!しかし、悪の首領エターナルレッドは飛行船で逃げようとして…

キャシーとジャックの名コンビが、スチームパンク世界で、子供を狙う、悪の人身売買組織を追い詰める!爽快アクション活劇、ここに開幕!

【イラストの制作時間】

10時間

【ロゴと表紙デザインの制作時間】

1時間

【使用ソフト】

イラスト→CLIP STUDIO EX、

レイアウト表紙・ロゴデザイン→Adobe illustrator



タイトルロゴもillustratorで作ってみました。

女性向けのライトノベルっぽいタイトルロゴになっている気がします。


【制作にあたって心がけた事】

スチームパンクSF世界のバディもの冒険活劇という、聞いただけでもわくわくするような内容を、絵を見た時に感じ取ってもらえる、そんなイラストを心掛けました。

この二人の凹凸コンビが、ティーンエイジャースパイとして活躍し、様々なミッションをこなしてゆくうちに、恋愛関係に発展してゆく話だと、個人的に楽しいなあと思いながら、まずは、自分の読みたい装丁を、と考えつつ制作していました。

タイトルロゴも、女性向けライトノベルレーベル風のデザインで作成しました。

表紙はキャラ文庫を真似て、バーコードを入れたりしながら、遊び感覚で作ってみています。



【制作の中で気づいたひとこと】

今回、装丁の参考にさせていただいた「キャラ文庫」。

人気のBLレーベルですが、私はその中でも、松岡なつき先生の、タイムスリップ物歴史冒険BLの「FLESH&BLOOD」が大好きだったなあ…としみじみ思い出しました。

元々、歴史小説や、パトリック・オブライエンなどの帆船小説が好きなのですが、「FLESH&BLOOD」は、主人公の英国在住の日本人高校生が、16世紀のイングランドにタイムスリップして、イケメンの私掠船乗りの船長に気に入られて船乗りになり、エリザベス1世やフランシス・ドレイク、劇作家のフィリップ・マーロウ、シェイクスピア、フェリペ2世など、歴史上の有名人に遭遇しながら、イングランドの海軍とスペインの無敵艦隊が戦う、歴史上有名な「アルマダの海戦」へと突き進みます。

中世に日本から派遣された、天正遣欧少年使節が「2年前に謁見に来た」と主人公にスペイン国王のフェリペ2世が話すシーンまであります(勉強になり過ぎる!!!)

ちなみに、私はこの小説を読んだのがきっかけで、クリストファー・マーロウの戯曲を読みました(楽しくて勉強になるお得感が凄い!)

とにかく、わくわくして面白くて、めちゃくちゃ歴史文化の勉強になる、本格派帆船BL小説。普通に面白いです。二十数巻出ている長編ですが、BLが大丈夫な人なら、ぜひ一読されることをお勧めします。



それでは、また制作ノートをつけてゆきたいと思います。

イラストレーター、夜霧マノでした。



追記

今回、Adobe illustratorで作る、タイトルロゴの制作方法を、後日わかりやすくまとめようと思います。

小説同人誌の表紙ロゴなどを、自分で制作したい方の参考になると良いなと思います。